旧借地権と新法借地権

借地権に関しては、平成4年に制定された新法とそれ以前の旧法によって規定を受けている借地権の2種類があり、どちらの法律によって契約が締結されているかでさまざまな違いがあります。新法が制定されることになった背景には、旧借地権では借地人にとって有利な内容が多く地主との間に多くのトラブルが生じて、借地権の取引自体があまり行われないようになったことがあげられます。そのため、双方の便宜を図るために改正された新法が制定されましたが、捉え方によっては新法は地主にとって有利な内容であるとされることも多いようです。

新法が制定されたものの、現在の契約でも旧借地権でのものが多いため旧借地権と新法による借地権が混在している状態にあります。これは、旧借地権で契約したものが、更新しても自動的には新法に切り替えられないこともそのひとつの原因です。新法による借地権に切り替えるためには、借地人が地主と改めて契約を取り交わさなければならなくなるため、事前の慎重な内容の確認が必要となります。前段階として、現在取り交わされている借地権が旧、新、どちらによるものであるかを確認しておかなければならないでしょう。安易に更新や切り替えをしてしまうと思わぬ不利益を抱えることにもなるため、よくわからない場合には専門家に相談することをおすすめします。