借地権の売却

親が借地人であり、亡くなったことで相続した借地権は第三者に売却することができます。例えば、借地人である父親が他界して遠く離れたところで生活している子どもがその借地権を相続することは可能です。相続した借地権を有する実家に居住する意思がない場合には売却ができます。また、姉弟姉妹が相続人となっており、相続者が複数となる場合も借地権を売却して、その売却で得られた金額を相続人で分け合うこともできます。しかし、第三者に借地権を売却する場合は、地主の承諾も必要となるためそこでトラブルが生じることもあり、地主との交渉を含めて積極的に買い取ってくれる業者は多いとは言えません。

借地権を売却する場合、借地人が相続するのと同様に地主側も相続により代替わりしていることがあり、誰が地代の振込を行い、受取人は誰になるのかなどが明確でないこともあります。立場を明らかにするために双方ともに代表者を決めておくことが必要となります。また、地主が代替わりを機に借地契約を破棄したいと持ち掛けてくることもあります。前の借地人の契約内容がそのまま継続して生きているため、そのような要求に応じる必要はありませんが、何もわからない場合はそんなものかと鵜呑みにしてしまうことがあるかもしれません。やはり、専門家のアドバイスを受けるのが一番であると言えるでしょう。