借地権売買のトラブルは専門家に

借地権は法律で決められた土地を借りるための権利ですが、地主だけでなく親族も巻き込んだトラブルが長年にわたって継続する可能性が高いものでもあります。地主だけでなく、相続した借地人がさらに代替わりをすると相続人がさらに増えることによってトラブルが生じやすくなります。借地人と地主との関係、相続人同士の関係など、人間同士であるからこそ生じるさまざまな問題が考えられるため、自分たちだけで解決しようとしても無理があります。借地権は遺産分割協議の対象となり得るため、代表の相続人は誰なのか、登記はきちんとなされているか、などの確認をしっかりとしておくことがトラブル防止策となります。

土地のことだからと不動産会社に相談することも多いかもしれませんが、借地権に関する知識や経験がないとなかなか解決できる問題ではありません。金銭を優先して話をしてさらにこじれてしまうことも考えられます。信用と実績のある専門家に相談するのが一番であり、なかには無料相談を受け付けているところもあるのでおすすめです。地主や親族と泥沼のような争いとなってしまうとなかなか収拾がつかなくなるものです。疑問点などがある時点で早めに相談する方がいいでしょう。