借地権のメリットとデメリット

借地権とは簡単にいうと、自分で土地を所有することなく第三者の土地を借りて自己に所有権のある建物を建てることができる権利のことです。土地付きで戸建てを購入された方は別として、土地を借りてマイホームを建てている方が所有している権利で、土地を借りている人を借地人、土地の所有者で貸してくれいている人を地主と呼ぶこともあります。家賃と同じように土地を借りている借地代として毎月地主に地代を支払うことになります。借地権には、分譲マンションのように地主の土地を借りて立てている建物に関する地上件と賃借権の2種類があり、借地権を所有していることのメリットとしては、土地に対する固定資産税を支払う必要がないこと、土地の所有権を購入して家を建てるよりも安価なこと、借地権の売却ができることなどがあります。

何千万円とかけて建てた家そのものの所有権は自分にありますが、敷地となっている土地は地主のものという複雑な関係にあり、地主との間にさまざまな問題が生じることもあります。例をあげると、リフォームなどで増改築をしたり、代替わりなどで借地人が変更となる場合に決して安くはない手数料が発生したりするということ、増改築、転貸や売却の際には地主の承諾を受けなければならないことなどがあります。また、売却する際には、所有権ではなく土地を借りるだけの権利となってしまうため、一般的な資産価値よりも低くなってしまいます。契約を取り交わした親が他界して借地権を相続したり、その借地権を売却したりしようとするとさまざまな問題が発生することもあるのです。